クリニックブログ

交通ルールの崩壊か!?

またまた交通ネタで恐縮します。

しかしこれを言っておかないと、年を越せない気がします。

1、2年前頃から私の生活活動地域である西宮~神戸近辺では、

信号が黄色になっても走っていく車をよく見かけます。

というのは生ぬるく、赤でも対面が青でない限り、平気で疾走していく車を多く見かけます。

思い返せば、5、6年前頃より、黄色信号でも平気で走っていく車を散見するようになりました。

それは決して、急ぐわけでもなし、悠々と走っていくのです。

比較的ゆっくりマイペースで走り、後方の車がイライラしているところをかなり遅れて、

信号が黄色になってもブレーキを踏まず、スーッと抜けていく車が多かったです。

後方の車は、車間を空けてゆっくり走っておいて、自分だけ黄色信号を抜けていかれると

かなり頭にきます。

これは、ブレーキ踏まない症候群で、ゆっくり漫然をしたメリハリのない運転です。

だからいつも速くはないですが、歩行者の横でもその速度を落とさず、そのまま走ります。

その頃は、そんな人もいるんだなと思ってみていましたが、

最近は、我も我もと皆が黄色信号で止まらず、赤になると速度を上げて突っ込んでいきます。

プロのドライバーが乗る商用車でもです。

こうなるともはやルールの崩壊です。

今にエライことが起こらないかとハラハラします。

一度崩壊したルールやマナーは立て直しするのは難しいと思います。

おまわりさん、頑張って下さい。

たつみクリニック
PAGETOP