クリニックブログ

我が家の実

久しぶりのブログになりました。
あっという間に梅雨の季節になりました。
我が家では8~9年前に妻が駐車スペースの
片隅に木イチゴだと思って植えた実は枝垂れ桑
の木が巨大に育って、毎年この季節にたわわの
実をつけます。
英語ではマルベリーと言うそうです。


なんでアスファルトに覆われた手のひらほどの
地面に植えた木が肥料もやらないのに、2階の
ベランダにからむほど成長し、毎年多量の実を
つけることができるのか不思議です。

もうそれこそ無数の実がなり、黒く熟した親指くらい
の実を毎日手上げかご数杯、重さにして2kgくらい
つみます。
もちろん植えた責任者の妻の仕事です。
それで毎晩ジャムとジュースを作ります。
友人から喜ばれています。
一説には眼がよくなるとのことで、実際眼が見える
ようになったという人もいますが小生は実感できてません。
この実のなる時期は一ヶ月半ほど続き、小生は
自動車が落ちてきた実がつぶれて紫色になるので
避難、避難です。

たつみクリニック
PAGETOP